京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
コモンミールKYOTO
京都の世界の料理と飲み物を提供する、レストラン・カフェ・ダイニング・パブ 111店舗&グループの国際友好のネットワークです。各店の最新情報を、お伝えします。また、サポート組織に、様々な国際交流組織・公的機関・大学・文化団体と「京都国際レストランフレンドシップネットワーク」を形成しています。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2012年11月23日

京都のスロベニアレストランピカポロンツァ地図

京都国際レストランネットワーク会長 イゴール・ライラさんのお店

イゴールさんプロフィール
京都大学理学部博士 数理生態学
大学院時代、京都市左京区聖護院東町10 財団法人京都国際学生の家に三年在住
寮同期に小山晶之 カリム 鄭 イサク シリキャット 田開 フィリップ 池本 楢橋 ガル 千種 栗本
先輩にニコス アントン ビル アート ルン テオ 水谷 風斗 鄭 雷 船津
田中 紀 ピーティン サエド 松井 後輩にエドワルド グライナー ラオ ナレーシュ 松井大 吉村ハビ 重富 四宮 シルビオ 川口 ジン 野沢 坂口 野田 王 陽 他

京都食文化研究会 くいしんぼうの会 会長を10年務める 他にカレースパイス研究会
弘法さんで、スロベニアのケーキ紹介 天神川御池上がるに、日本で一軒しかないスロベニアレストランを開く
オーナーシェフ
  

Posted by コモンミールKYOTO at 02:18Comments(1)ヨーロッパ

2010年11月16日

京都ユーラシア(ヨーロッパ)料理店ネットワーク

「京都国際レストランネットワーク」賛同店の中の、京都のヨーロッパレストラン・パブ・カフェのネットワークを結成しました。
http://kuishinnbou0141.kyo2.jp/e255733.html  

Posted by コモンミールKYOTO at 23:49Comments(0)ヨーロッパ

2010年06月11日

「マクラクランズ」でマイケル・ウイルキンス演奏

三条木屋町上った、有名なライブハウス「ラグ」もあるエンパイヤビル8階にあるアイリッシュレストラン&パブ
「マクラクランズ」

水曜日の夜にはマイケル・ウイルキンスがライブに出演する。

歌手として来日し、六本木をはじめ東京で活躍していたマイケル・ウイルキンスは、オーストラリア出身。
京都では、アイリッシュパブや宝ヶ池の「ホンキートンク」の矢谷さんを兄弟と呼ぶ(本人曰く)

ちょっと羽目をはずして、出入り禁止?の店もあるとか。

でも普段はれっきとした先生。
左京区宮崎町で英会話教室を開く

親友のお店が「toms」川端北泉通り1筋東を下がったところ
ちなみにオーナーは、アイルランド出身


  

Posted by コモンミールKYOTO at 01:05Comments(0)ヨーロッパ

2010年05月17日

暑い日のおすすめ「セサモ」と「マクラクランズ」

暑い日、なぜかここに来ると落ち着く。

そんなお店の一つがスペインバル「セサモ」山田さんのお店

三条木屋町1筋北を西へ、地下。

この暗がり感がいい。

ある意味、熊野神社のメキシカン「エルラティーノ」や「ザックバラン」の居心地のよさ。

モロッコカフェ「カフェドストリップ」やワイントチーズの「アユクルク」に通じるくつろぎ感。

なんといっても料理が小皿でおいしい。安すぎの値段。


無口な山田さんだけに、静かにくつろぐ派の大人のお店。

この店の元スタッフもがんばってる。

三条新町の「ELBONITO」メキシカン・ラテン居酒屋

こちらもくつろげる。

「セサモ」に着たけど、ビールのステーキなんかしっかり食べたい派の方は、木屋町通りの

有名なライブハウス「ラグ」もあるエンパイヤビル8階の「マクラクランズ」へどうぞ。

京都の有名なアイリッシュパブを料理人としてはしごしたタイグのお店。

当然アイリッシュレストランとして行ってもいい。ただし遅い時間には、本人も酔っ払ってるかも。

近所でエスニック派は「中川酒店」でジャマイカ・ブラジル・中南米・沖縄ごはんもある。

カクテル派は「NYダイニング」でイタリアンとカクテルをどうぞ。

アジアン派は「アジアンエレメンツがおすすめ。

5軒はしごしても1万円使えないのでは?

こんにちは、ビールとマルマル。次、次

幸せな三条木屋町国際レストラン最強エリアである。  

Posted by コモンミールKYOTO at 23:25Comments(0)ヨーロッパ

2010年05月10日

ベルギービールとベルギースィーツ

スィーツもおいしいベルギービール店「モニュマンブルー」
いよいよビールシーズン到来です。

西院から西へ、東佐井通り下がる。

料理もおいしいお店です。
入り口がカラオケと同じですが、ドアが開いたら右に地下への階段があります。  

Posted by コモンミールKYOTO at 16:44Comments(0)ヨーロッパ

2010年04月16日

リンデンバウムを鹿肉ジビエの拠点に

京都産の鹿肉を、「京都国際レストランネットワーク」や関心のある料理店有志で、ブランド化しよう!

産地とレストランがコラボする。と言うには簡単ですが、おいしく加工する専門知識・技術がないと。
そこで、白羽の矢を立てたのが、リンデンバウムの吉田シェフ。

今後、京都産鹿肉の窓口として、他のお店にも指導していただくことにしました。
具体的にはこれからですが、吉田シェフは鹿肉・ジビエのプロフェッショナルなので、今後が楽しみです。
他のお店でも、鹿肉を使って行きたいお店があれば、「リンデンバウム」の吉田シェフに相談してください。  

Posted by コモンミールKYOTO at 01:58Comments(0)ヨーロッパ

2010年03月02日

British pies?

Posted by コモンミールKYOTO at 01:34Comments(0)ヨーロッパ

2010年03月02日

フィンランドパン買えます。食べ方は。「キートス」

五条にあったフィンランドレストラン「フィンランディア」
この店の元スタッフで、フィンランドパンを現地で学んだ持家さんのお店。
テイクアウト専門だが、フィンランドおふくろの味スィーツもあります。
元料理長岩本さんにもあえるかも。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~kiitos/

壬生寺前の坊城通りを四条より北へ。青いお店。

阪急四条大宮から約10分  

Posted by コモンミールKYOTO at 01:30Comments(0)ヨーロッパ

2010年02月14日

ベルギービール&チョコ「モニュマンブルー」

ベルギービール&チョコ
モニュマンブルーへようこそ
http://web.mac.com/monumentbleu/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%AE%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B0%82%E9%96%80%E5%BA%97_Le_Monument_bleu/Top.html
バレンタインお待ちしてます。  

Posted by コモンミールKYOTO at 00:45Comments(0)ヨーロッパ

2010年02月03日

デンマークカフェ「K-yard」

http://www.k-yard.com/
デンマーク・スェーデンのパン・スィーツ  

Posted by コモンミールKYOTO at 01:36Comments(0)ヨーロッパ

2010年01月22日

2010年01月15日

ベルギー料理「モニュマンブルー」

京都の珍しい料理店の一つが、西院にあるベルギー料理「モニュマンブルー」。直輸入のベルギービールの品揃えの豊富さと、実に気持ちのいい神崎さんの接客。そして何よりもメニューのこだわりとスィーツまで自家製のオリジナルの料理は、大きな2枚のボードに書かれたその日のメニューから選べる。気楽な普段着でもOKだが、ちょっとお洒落していくのにもいいこだわりのお店。不思議なことにビールは夏が1番出るが、暖かい部屋で飲むビールもおいしい。大型のカラオケ店と玄関が共有しているが、地下にあるだけに外の寒さを忘れさせてくれる空間。気分よくそのまま歌いに行こうなんてノリもいいかも。  

Posted by コモンミールKYOTO at 23:33Comments(0)ヨーロッパ

2010年01月08日

スロベニア料理ピカポロンツァのイゴールさん

ピカポロンツアのイゴールさんが、「京都国際レストランネットワーク」会長に就任
http://www.kyo2.jp/admin/entry.php?entry_id=167350  

Posted by コモンミールKYOTO at 17:48Comments(0)ヨーロッパ

2010年01月08日

会長スロベニア料理「ピカポロンツァ」イゴール氏

ネットワーク会長になっていただいたスロベニア料理「ピカポロンツァ」のイゴール・ライラ氏は、母国の大学で研究していた時代にレストランで働く機会があり、根っからの料理好きに加え「国際学生の家」入寮時夕食会「コモンミール」マネージャーをこやまと担当。退寮後「京都食文化研究会」(通称「苦胃辛抱の会」)会長として10年間、自宅を研究会会合の場に提供。レストラン・ホテル他様々な料理関係者を加わり、150名以上が参加する会の会長として、「インド料理」の研究や母国スロベニア料理の紹介に取り組んだ。

多くの店からの要望で、「ギバニッツァ」「バクラバ」「パラチンケ」などのスィーツを卸す仕事に始まり、「ピカポロンツァ」を開き現在に至る。予約が取れない人気店。料理はパン・スィーツまで自家製。

琵琶湖の生態系をテーマにした「数理生態学」で京都大学理学博士。

よってイゴール博士の○○というう表現を、昔はよく使った。

ある意味、今の私たちのリーダーにふさわしいと会長に推薦した。

たべあるきもしてきたので、たくさんのお店とも交流がある。「ベルクール」は、銀閣寺店時代からの行きつけ。  

Posted by コモンミールKYOTO at 17:45Comments(0)ヨーロッパ